HOME>アーカイブ>鍼灸師とはどんな仕事なのか?必要な資格とは?

鍼灸師の仕事とは

鍼灸師は東洋医学に基づく治療法で、患者さんに対して治療を行う仕事です。はりやきゅうなどを用いて身体のツボを刺激します。

鍼灸師の資格取得の方法

鍼灸師の資格取得のために学習する

鍼灸師の養成学校で、必要なスキルや知識を学びます。

3年制または4年制の養成学校を卒業する

鍼灸師になるためには「はり師」と「きゅう師」という2つの国家資格を取得しなければなりませんが、そのためには3年制または4年制の養成学校を卒業する必要があります。

「はり師」の国家資格を受験して合格する

鍼灸師に必要な「はり師」の国家試験を受けて合格しなければなりません。

「きゅう師」の国家資格を受験して合格する

鍼灸師に必要な「きゅう師」の国家試験を受けて合格しなければなりません。

国家試験合格後に名簿へ登録する

鍼灸師の国家資格である「はり師」と「きゅう師」の試験に合格後、名簿に登録する必要があります。

3年間の学費が必要

模型と鍼灸師

鍼灸師になるために専門学校に通おうと考えているのなら、どんなに優秀だとしても、3年間は通い続けなければいけません。つまり、確実に3年分の学費が必要となるので、専門学校に通うならチェックしておきましょう。専門学校によって異なりますが、入学金や授業料などで400万円から500万円くらいはかかると考えておいたほうがよいです。もちろん、3年間の学費を一度にすべて支払うわけではないので、年額のほうも確認しておくことをおすすめします。

公式ホームページで学費をチェック

鍼治療

3年間で400万円から500万円くらいかかるというのは、鍼灸師になるための専門学校に昼間通った場合です。もしも、夜間に通いたかったり、あん摩マッサージ指圧師の資格も取りたかったりするのなら学費は異なると考えたほうがよいです。そのため、どのような方法で鍼灸師になりたいのか決まっているのなら、その方法で必要になる学費を調べてみましょう。まず間違いなく専門学校のホームページにある料金のコンテンツに載っているので、支払わなければいけない学費をすぐ確認できます。ちなみに、専門学校に通うのならば、交通費についてもしっかりと確かめておきましょう。歩いていける距離ならよいのですが、遠くにあるのならば、毎日交通費がかかってしまうので総額で結構な金額になってしまいます。

広告募集中